日本人の多くは亜鉛が必要

日本人の多くは亜鉛が必要

お酒を分解する能力は白人のほうが高く、黄色人種の場合は弱い人が多いといわれています。日本人は生まれつきアルコールを分解する酵素の量が少ない人が多く、亜鉛を積極的に摂らなければならないといえるでしょう。

 

自分がどのくらいお酒に強いか知るためには、家族の様子から判断することができます。家族の中にかなりお酒に強いと思われる人がいる場合、自分もその要素を遺伝している可能性があります。ただし遺伝は必ずしも貰い受けるわけではなく、両親のどちらもお酒が強くなければお酒に弱い可能性も高くなってしまいます。

 

お酒が弱い人の割合としては、日本人の約44%程度だといわれています。お酒を1滴でも飲むと重症化しやすい方は少ないようですが、たくさんの量を分解できない方は多いようです。

 

もし過去に消毒用アルコールでかぶれた経験がある方は、お酒に弱い可能性があります。お酒を飲むとすぐに顔が真っ赤になる方もお酒に弱い傾向があります。

 

生まれつきお酒に弱い方は無理に飲まない、少量飲める場合でもアルコールを分解する補助になる亜鉛を摂取しておきましょう。これで悪酔いを避けることができたり、翌日の二日酔いのわりあいを減らせます。1滴でも飲むと具合が悪くなる方は少量でも飲むのを避けましょう。