飲み方を工夫すると予防できる

飲み方を工夫すると予防できる

アルコールの分解能力は人により異なるため、これをやれば絶対に二日酔いにならない対策は存在していません。しかしお酒の飲み方を少し工夫することで予防することはできます。

 

何よりもアルコール分解酵素の許容範囲を超えないことが重要となります。その人が以前に悪酔いした量、飲み方を把握しておきましょう。お酒に強い人と弱い人はまったく同じ対策はできません。

 

次に共通していえるのがゆっくりとお酒を楽しむことです。アルコール分解酵素は一気に消費することはできず、一定の速度で働いています。さらに亜鉛も酵素の働きを助けているため、一気にお酒を飲めば両方の体内量が足りなくなってしまうことがあります。

 

二日酔いを避けるなら時間をかけてゆっくりと飲むお酒の楽しみ方が良いのです。二日酔いとはアルコールが分解されたアセトアルデヒドが体内に残ったために起こるものですから、しっかりと分解し体から排泄できる飲み方を心掛けるべきです。

 

さらに同時にできるのが水分補給をしながらお酒を飲むことです。体の脱水症状を予防し、尿量を増やしてアルコールを排泄しやすくできます。アルコールだけでは水分補給はできませんから、時々水を挟むくらいがちょうど良いといえるのです。