お酒好きこそ薄毛になる?

お酒好きこそ薄毛になる?

お酒好きな方は日常的に亜鉛不足に陥りやすく、結果的に薄毛になることがあるため注意してみましょう。亜鉛はたんぱく質の合成に不可欠な栄養素のため、アルコールの分解で多く消費してしまうと髪の分が足りなくなってしまうのです。

 

お酒のみの方には意外と薄毛の方が多くなっています。お酒を飲めばアルコール分解酵素の働きを助けるため多くの亜鉛が消費されます。すると体内の亜鉛濃度が低くなり、重要な器官に優先的に亜鉛が使われるようになります。

 

頭髪は重要な器官ではありませんから後回しになります。内臓の機能を保ったり、酵素の働きを助ける、ホルモン生成などのほうが髪より重要です。アルコールで多くの亜鉛が消費されるとどうしても髪の分が足りなくなってしまいます。

 

対策としてはアルコールを飲んだら必ず亜鉛が多いおつまみを食べることです。一般の人よりも消費量が多いため牡蠣のように亜鉛が多いものを積極的に食べましょう。足りなければ亜鉛サプリなどを活用する方法もあります。

 

毎日お酒を飲むなら日常的に亜鉛が不足している可能性もあります。バランスの良い食事を心掛けると共に、お肉や魚などを食べましょう。ベジタリアンの方は亜鉛の摂取量が少なくなりやすく、食物繊維は亜鉛の吸収を阻害してしまいます。